ダーマドライ(Dermadry)の治療で手掌多汗症を治療克服するブログ

子供の頃から手汗、足汗、脇汗(手掌多汗症、足蹠多汗症、腋窩多汗症)に悩まされてきました。ここ10年ほど積極的な治療はしていませんでしたが、最近、新しいイオントフォレーシスの家庭用治療機器「ダーマドライDermadry」を入手し、また積極的な治療を始めました。

Dermadryダーマドライで多汗症治療をスタートするなら秋がオススメ!

Dermadryダーマドライで多汗症治療をスタートするなら秋がオススメ。

 

気温がずいぶん下がり、発汗量自体もかなり減り、多汗症の人には過ごしやすい季節になってきたかなと感じています。

でも、これからの涼しい季節、突然の発汗(みんなが全く汗をかいていないように見える中での1人だけの異常な発汗)は、それはそれで本当に辛いんですよねー。私はこの冬、同窓会があるので、その時に絶対汗をかきたくないので、Dermadryダーマドライでのイオントフォレーシス治療をしっかり続けて、症状をコントロールしたいなと思っています。

f:id:nomoresweat:20191109151034j:plain

とはいえ、夏に比べれば随分楽!

といっても、全般的には汗をかく瞬間自体は減るので、気持ち的にも体感的にも随分楽です。だからこそ今が治療のチャーンス!とも思います。なんか、こうやって書くと、変なセールスみたいですが。笑

 

脱毛業界の治療最適時期は、秋~冬~春

薄着になる夏がもちろん一番脱毛サロンが流行り、お客さんが一番多い時期ですよね。でも、夏はどうしても混み合って予約も取りにくいですし、夏から始めていては、夏の間に脱毛は完成しません。なので、そう言う意味では、脱毛をスタートするのに一番いい時期は夏以外、秋からスタートして、冬~春に施術して、次の夏はすっきり!ってのが理想なんですよね。

 

確かに私自身もそうでした、夏の間に脱毛の作業がめんどくさすぎて、永久脱毛を受けたい~!と決意し、皮膚科に通い始めたけれど、夏の間だけではもちろん終わらず、そのまま冬、春までかかって(数ヶ月ごとに通わなくてはいけないので)・・やっと完成みたいな感じでした。

 

多汗症治療も同じかなーと。

なんでいきなり脱毛の話?って感じかと思うのですが、多汗症も同じかなと思うんです。夏の間厳しい暑さで汗ダラダラで辛い思いをした人が来年の夏はこの同じ思いをしたくない!!と思い、いろいろリサーチをして治療法にたどり着いて・・と。ようこそこのブログへ。笑

 

私はDermadryダーマドライを使って多汗症の治療をしています。

私が使っているイオントフォレーシス治療機器「Dermadryダーマドライ」ですが、今まで色々多汗症の治療をしてきた中で、今のところ一番使いやすいです。新しい商品ですし、今までの使い辛かった部分を改善されているなという感じがします。

f:id:nomoresweat:20190621190113j:plain

 

ある程度症状がコントロールできるまでは毎日の治療が必要ですが、現在、私は2日に1回程度の治療で済んでいます。

 

Dermadryの公式サイト

dermadry.com

汗の総量自体が少なめの今からスタートがおすすめ

一番多汗症の症状が出やすい真夏に治療をスタートすると、なかなか効果を実感し辛かったりするので(実際に私が効果を実感でき始めたのは治療を開始してから5~6週間経ってからでした。)汗の総量自体が少し減った秋からのスタートの方が、効果を実感しやすいのかなと思います。逆に、真夏は効果が出始めてからは、治療直後は明らかに手がサラサラになるので、それはそれで嬉しいんですけどね。笑

 

ここにダーマドライの使い方、購入方法など色々まとめてあります。

sweat.hateblo.jp

 

購入はAmazonも可能ですが、公式サイトの方が安いです。公式サイトは日本語も可能なので、心配いりません。日本人スタッフさんもおみえです。

sweat.hateblo.jp

 

ちなみにこのリンク、すでに割引を適用してありますので、ここをクリックして公式サイトに飛んでいただくと、40ドル分割引されます。

dermadry.com

 

毎回40分の治療時間も有効活用を

メイクをしたり他のパソコン作業をしながら治療も行っているため、自分の中でもタイムマネジメントが少しずつ楽になってきているなと言う感じもします。まぁいわゆる慣れたら負担も大したことないと言うことですよね。治療の負担以上に効果を感じられているので頑張れると言うこともあります。

 

このブログではイオントフォレーシス機器の購入方法から、輸入の際の税金の支払い方、治療の具体的な方法や私が感じた多汗症治療に関する諸々を発信しています。何かご質問があればいつでもメッセージください。