ダーマドライ(Dermadry)の治療で手掌多汗症を治療克服するブログ

子供の頃から手汗、足汗、脇汗(手掌多汗症、足蹠多汗症、腋窩多汗症)に悩まされてきました。ここ10年ほど積極的な治療はしていませんでしたが、最近、新しいイオントフォレーシスの家庭用治療機器「ダーマドライDermadry」を入手し、また積極的な治療を始めました。

【多汗症ミュージシャン談】音楽業界、多汗症でも心配しなくても大丈夫。

ダーマドライ(Dermadry)の治療で手掌多汗症治療、克服するブログ」のちびうさです。

このブログでは、2019年6月よりダーマドライ(Dermadry)を使って、手汗足汗脇汗の多汗症のためのイオントフォレーシス治療を行い、その効果、気づいたことのレビュー、購入方法や、私自身の体験記、口コミ、評価、効果など、感じたままを率直にお伝えしています。 

 

おたけさんのお悩み、気持ち分かる!ほんとに分かる!

 

自分はやりたいことを、汗のせいで諦めなくちゃいけないのか〜?と鬱々としてしまう気持ち、悔しい気持ち、悲しい気持ち、分かります。うんうん、そうですよねー。辛いその気持ち、わかる!

 

f:id:nomoresweat:20190801164652j:plain

 

私、中学、高校の頃に宝塚に入りたくて、バレエとかにも通っていたのですが(もちろんレッスン中は汗だく、ドロドロね・・・涙)、宝塚って入団1年目にラインダンスがあるんですよね。入団してからもデュエットのダンスとかもいろいろ。手を繋いだりしなくてはいけないので、あぁー私には無理だなと思って諦めました。

すっごく憧れていた時期もあって、なんでこんなことで諦めなくちゃいけないんだーと悲しかったことを覚えています。

とか言いながら、芸事からは結局離れられなくて、まぁ今、似たような仕事してるんですが。笑。

 

今日は音楽業界にいる私の立場からお話してみます

今日たまたまオフなので、ちょっとブログ書いてみます。

私のような、いわゆるアーティスト、演奏家だと、共演者やファンの方と握手をしたり、CDにサインを書いたりと、実際に人と触れ合う機会が多いので、手汗が気になる瞬間は、正直なところ結構頻繁にあります。

あとは、楽譜に書き込む時に楽譜が湿ってしまったり、手汗がライトでキラキラしちゃったり。身体は寒いのに汗かいちゃって、衣装は露出の多いものだと、さらに手足が冷えちゃったり。他の人にはわからない悩みがいっぱいあります。

 

でも、実は他のミュージシャンの手も、結構シットリしていたり

音楽を演奏するとアドレナリンが出て、いわゆる興奮状態になります。

そうすると、私の場合は、ダーマドライ(Dermadry)多汗症の治療していたとしても、やっぱり汗はかいてしまうケースが多いです。なぜか全然汗が出ずラッキーなときもありますが、それは結構まぐれ的な感じで、やっぱり演奏しているときは汗をかいていることが多いです。

 

ただ、コンサート会場は照明がとてもきついので、舞台上は基本的には暑く、私以外の人もかなり汗をかいています。そしてみんなもアドレナリンが出まくっています。なので、演奏後に握手すると結構な割合で手がしっとりな人が多いです。(まぁ、手汗をかいているかどうかは、こちらの手がサラサラの時じゃないと分からないんですけどね。笑) 

意外とみんな手汗のことを気にしていないかも?

なので、意外とみんな、手汗のことは気にしていないかも?です。お客さんから握手を求められた時も、暑くてベタベタしてますけど~、とか言いながらだったら、そうだよねー!暑かったもんね!おつかれ!とか言われたり。

 

f:id:nomoresweat:20190709131322j:plain

特に裏方さんだとタオル下げている率高し(笑)

あと、裏方系の方、大道具さんとか照明さんとか、そういう人って結構な確率で首からタオル下げているので、それで拭いちゃえば全然目立たないかも?とも思います。

 

マネージャーさんとかの方がアーティストよりも大変かも?

マネージャーさんとかだと、スーツとか着なくちゃいけないから、そういう意味では大変かも?

まぁでも、フリーランスで動いているミュージシャンの多さを考えると、これからプロダクションとかもどんどん潰れていって淘汰されていくでしょうし、いわゆるマネージャーとか、A&Rの人たちとかもフリーの人が増えていくんじゃないでしょうか。そうなると、スーツじゃなくてもOKになっていきそうだし、汗が目立たない服とかも選択できそうですよね。

なので手汗について気にしてるのは、結構自分だけかも?

この話、夫にも話したのですが(夫も音楽業界の人、そして手は完全なるサラサラ国の人。うらやましいー!)、相手が手汗をかいているかどうかは、全然気にならないと言っていました。もちろん、自分が手汗で悩んだことないから、大変だなぁと思うけど、本人ほど周りは気にしないと思うなぁと。

 

そんな夫がダーマドライ(Dermadry)をためしてみた記事

sweat.hateblo.jp

 

多汗症専用のTwitterアカウントを作ってみて感じたこと

このブログを作ったのと同時に、多汗症専用のTwitterアカウントを作って、繋がってみて、同じ症状で悩んでいる人がこんなにもたくさんいるんだーとすごく励まされました。自分が知らなかった情報も知れたり、ありがたいーと思っています。

 

 

この方とか、とっても気を遣われていて、相手が嫌な気持ちになったりしないようにとかも考えながら、きっととても優しい方なんだろうなとか想像したり。この方の辛さが少しでも減ったらいいなって願います。

 

 

これも辛い、わかる。腕相撲とか、多汗症の人にとってみたら本当に拷問。絶対やりたくないし、やらなくちゃいけなかったら、私だったら仮病でも使って休みたいくらいな気もちになります。

 

私も多汗症だから辛さがわかる反面、自己肯定感が低い方が多い印象。

でもその一方で、自己肯定感が低い人がすっごく多いなと思うんですね。汗をかいている自分なんて、誰も好きになってくれない、とか、こんなんで就職できない、とか。自分なんて・・・ってなっている人がすっごく多いなーと思います。(別にそういう人があーだこーだとか、言いたいわけではないです。単純に数が多いなというだけの意。)

 

冷たい言い方するなら、他人は自分が思うほど、こちらのことに興味がない。

文字通りなんですが、みんな、他人のことにそんなに興味ないです。私もそんな暇じゃない。逆に言ったら、冷たい言い方すると(多汗症ってすっごく大変で深刻なのに)こちらが思うほど他人は真剣に思ってくれないし、気にもしていないということです。

他人が何か病気を患っていて、もちろん、大変だなーとは思うし、親友とか家族だったらなんとかしなくちゃって積極的に動くかもしれないけれど、ちょっとした知り合いとかのために、そんなに積極的に興味を示すか?っていったら、実際そうでもないと思うんですよね。

だから、多くの場合は、自分が思っているほど、手汗について周りは気にしていないし、なんとも思っていないです。もちろん意地悪な人はいるし、わざわざ嫌味を言ってくる人もいるかも知れないけれど、そんな人とは付き合わなければいい。大人になってまでそんなことする必要ないし。私はそう思います。

 

結局、本人の心の持ちようが大きいかも?

で、結局のところ、こちらの記事に書いたことと同じになっちゃうんですが、自分次第だよねと。物事がうまくいかない理由を多汗症にしてほしくないなと思います。逆に、多汗症で大変だけど、私はこれだけできた!こんな成果を出している!って胸張って言えるくらいの頑張りをしましょう。そしたら、きっと夢も叶うと思います。

おたけさん、がんばってね!私もがんばります!

sweat.hateblo.jp

 

sweat.hateblo.jp

こういうのも参考になるかも?

最近この方の動画、よくみています。基本は投資とかの話ですが、彼の話は軸がぶれず、スタンスに一貫性がありいいです。

www.youtube.com

私はダーマドライ(Dermadry)を使って多汗症の治療をしています。

私が使っているイオントフォレーシス治療機器「ダーマドライ(Dermadry)」ですが、今まで色々多汗症の治療をしてきた中で、今のところ一番使いやすいです。新しい商品ですし、今までの使い辛かった部分を改善されているなという感じがします。

f:id:nomoresweat:20190621190113j:plain

 

ある程度症状がコントロールできるまでは毎日の治療が必要ですが、現在、私は2日に1回程度の治療で済んでいます。

 

ダーマドライ(Dermadry)の公式サイト

dermadry.com

私自身はこちらのダーマドライ(Dermadry)にて2019年6月より治療開始。30年ほどの多汗症歴ですが、今まで使ってきたドライオニックなどの他の機器よりも、かなり効果を感じています。

上記リンクから飛んでいただくと、自動的に40ドルの割引が効いた料金が表示されます。このブログが役に立ったなーと思ってくださった方はこちらのリンクから、ぜひダーマドライ(Dermadry)の公式サイトへ。

 

もし購入時にクーポンコードが表示されていない場合はUSAGI46をご入力いただくと、割引になりますよ。

 

汗の総量自体が少なめの今からスタートがおすすめ

一番多汗症の症状が出やすい真夏に治療をスタートすると、なかなか効果を実感し辛かったりするので(実際に私が効果を実感でき始めたのは治療を開始してから5~6週間経ってからでした。)汗の総量自体が少し減った秋からのスタートの方が、効果を実感しやすいのかなと思います。逆に、真夏は効果が出始めてからは、治療直後は明らかに手がサラサラになるので、それはそれで嬉しいんですけどね。笑

 

ここにダーマドライの使い方、購入方法など色々まとめてあります。

sweat.hateblo.jp

 

購入はAmazonも可能ですが、公式サイトの方が安いです。公式サイトは日本語も可能なので、心配いりません。日本人スタッフさんもおみえです。

sweat.hateblo.jp