ダーマドライ(Dermadry)の治療で手掌多汗症を治療克服するブログ

子供の頃から手汗、足汗、脇汗(手掌多汗症、足蹠多汗症、腋窩多汗症)に悩まされてきました。ここ10年ほど積極的な治療はしていませんでしたが、最近、新しいイオントフォレーシスの家庭用治療機器「ダーマドライDermadry」を入手し、また積極的な治療を始めました。

ダーマドライ(Dermadry)の口コミ&レビュー。多汗症治療の効果は?イオントフォレーシス治療とは?

 家庭用イオントフォレーシス治療の最新機器「ダーマドライ(Dermadry)」の使用感レビュー

 

f:id:nomoresweat:20190617125538j:plain

dermadry

家庭用イオントフォレーシス治療の最新機器「ダーマドライ(Dermadry)」をカナダから輸入し、使い始めてしばらく経ちました。

 

ダーマドライ(Dermadry)公式ウェブサイト

dermadry.com

 

ダーマドライ(Dermadry)の注文方法についてはこちら。

sweat.hateblo.jp

 

ダーマドライ(Dermadry)公式サイトから購入すると割引があります。ディスカウントコードを入力するだけなので、絶対お得です。(アマゾンなどでの購入には適用されません。)

sweat.hateblo.jp

 

ダーマドライ(Dermadry)の輸入時のあれこれはこちら。ダーマドライはちゃんと輸入の際も、通関で引っかからないように事前に対策をしてから発送してもらえるので安心。しかも日本人スタッフさんもおられるので、質問があれば日本語でメール送れます!

sweat.hateblo.jp

 

6月4日に届いて、その日から治療開始。(届いた日はすぐにやりたくて、いてもたってもいられなかった。笑)毎日ちゃんと治療を続けていますが、今日はダーマドライ(Dermadry)の良いところをみなさんにご紹介したいと思います。

f:id:nomoresweat:20190621223102j:plain

ダーマドライは、ユーザーたちの声をしっかり反映してある機器だと思います。


ダーマドライの効果。良い点。イオントフォレーシス治療のレビュー。 

もう病院に行かなくてもよい

これは本当に、様々な負担を考えると大きな利点です。3万円強の金額を払っても価値はあるかも。ダーマドライ(Dermadry)を購入するまでのここ10年ほどは、諦めの境地で積極的な治療は行ってきませんでしたが、ダーマドライを購入を機に、また積極的な治療を再開しました。

 

私のプロフィールはこちら。

sweat.hateblo.jp

 

通常、積極的にイオントフォレーシス治療を病院で行おうと思うと、毎日ものすごい時間をこの治療に割かなくてはいけなくなります。さらに待ち時間や会計やと考えたら、とてもじゃないけれど普通の社会人には、治療の継続は難しいと思います。そのため、家庭用のイオントフォレーシスの機器は今までもいくつかありましたが、電池式だったりと長期間お供するにはなかなか難しい機器が多く、私も継続できずにいました。

 

しかしダーマドライ(Dermadry)は家庭用に特化されているため、自宅で使いやすいような設計になっていますし、1式セットになっている付属品以外は、水だけ準備すれば治療ができるようになっています。(パッケージに入っている金属板やワキ用のパッドカバーなどは、消耗品になりますので、定期的に購入する必要がありますが、金属板は1〜2年は持つようですし、そんなに負担にもならないかなと思います。 )これは非常にありがたいことで、病院までの移動時間の節約にもなりますし、これだったら普通の社会人でも治療が可能だと思います。

 

 必要なものがちゃんとパッケージングされている

ダーマドライ(Dermadry)は必要な機器、パーツがセットにきっちりとまとまっているところも良い点です。外側のケースがプラスチックなので、そのままその部分に水を入れても大丈夫な設計というのもなるほどーという感じですね。コードなどが水濡れしないようにも設計されています。万が一外出先に持っていかなくてはいけない場合でも、持ち運びしやすくてよいですし、定期的に出張のある私にはありがたい設計です。専用タオルもついていて、はじめは普通のタオルでよくないか?と思ったのですが、サイズに合わせたタオルは意外と便利です(笑)

 

スタートボタンさえ押せばオッケーなところ

タイマーで勝手に切れるので、こちらでわざわざ調節する必要がないのもグッドポイント。途中で電流が入れ替わるのも勝手にやってくれるし、ラクチン。なんなら気付いたら、あれ、もう終わってるじゃん!ってことも(笑)

 

いきなり電流がびりっとこない

スタートボタンを押した直後はまだ電流が流れておらず、少しずつ電圧が上がる設計なので、水の中に手を入れていきなりピリッとくることがないため安心です。イオントフォレーシスの電流って心地よいものでは正直ないので、いきなりビリってなることがないってのは気持ちの面ではとてもありがたいです。まだあまり強い電圧では試していないけれど、電圧が高い水に手を入れれば当然ビリビリ来る確率は高くなるので、今後慣れてきて、電圧をもっとあげていくようになったら、この設計は助かるかなーと思います。ちなみに、電流の強さも簡単に自分で決められます。痛み、チクチクに強い方は強い設定でスタートしてもよいですし、私みたいに恐々の人は弱めからスタートして、段々上げていくということも可能です。

 

ACアダプターが付いているため、高い電池を買う必要がない

20年近く前、古くからあるイオントフォレーシスの機械「ドライオニック」を使っていた時は乾電池式でした。なので、電池が切れたら新たに購入しなくてはいけなく不便でした。しかも、日本にはその電池が売っていないため、改造したりとなかなか大変でした。その点、ダーマドライはコンセントにさせばよいだけなので(コンセントの形式も日本式で問題ありません。変換プラグなどは必要ありません)とってもラク!これはかなりポイント高いです。

 

ダーマドライのウェブサイトが日本語に対応している

基本的に必要な情報は全て日本語に対応しているので、安心感があります。私は英語は問題ありませんが、とはいっても医療用語などはよくわからないので、そう言う意味では助かりました。カスタマーサービスからも、3,4日でメールの返事もきちんとありますし(でも日本の感覚で翌日にすぐお返事とかではないです。笑)そういう意味では信頼できますね。

 

朗報!日本人のスタッフさんが1名おられます。なので、日本語でのメールにも対応してくださるとのことです。心配事があった時は日本語で問い合わせられるので安心ですね。

 

公式ウェブサイト(このリンクで飛んでいただくとクーポン適用なります!)

もしうまくクーポン適用にならなかった場合は購入時のページでUSAGI46(うさぎしろ、で覚えてね♪)と入力していただければ40ドル分のディスカウントになりますよ!

アマゾンで買うよりも安いので、公式サイトがオススメです。(はじめ英語表記になるかもしれませんが、右上で日本語表記に変えてね!)

dermadry.com

 

注文方法はこちら。

sweat.hateblo.jp

 

60日間返金可能

これもよいポイント。製品の性能への自信の表れかな?と思いますが、実際に使用してみて効果がなければ、返金してくれるというシステムなので、まずは試してみる!ということが可能なのも嬉しいですね。そこそこの金額もするので、効果を実感できるだけの期間を設定してくれるのはグッドポイントです。

 

注文後1週間から10日程度で到着する

海外からの到着を考えると、比較的早い納品かなと思います。

他の方の投稿などを見ると、私の場合は比較的時間がかかった方かもしれません。クレジットカードで決済後、すぐに注文を受け付けた旨のメールが届きそこには、発送が整ったらメールしますと書いてありました。

週末を挟んだからというのもありましたが、4日程度経っても発送連絡がなかったため、問い合わせページから英語で問い合わせました。まだですか?と。笑。

そこから2日後くらいに発送しましたとメールが届きました。なので、日本の企業より少しゆったり待ちたいところですね。

 

sweat.hateblo.jp

 

通関で引っかかる可能性が低い

海外から医療機器を個人輸入する事はかなりハードルが高いです。しかしダーマドライは、通関書類にきっちりと個人用、家庭用ということを明記してあり通関で引っかかる可能性がとても低いです。

 

注、複数の医療機器を輸入していないことなど条件がありますので、心配な方はこちらのホームページで確認されることをお勧めします。ダーマドライを1点だけ購入する分には問題ないと思います。

www.mhlw.go.jp

 

現在発売されているイオントフォレーシスの家庭用機器の中では1番新しい 

ダーマドライ(Dermadry)は2018年に発売開始されているため、他の機器よりも新しいモデルと言うことになります。個人的には、たくさんの患者のリクエストなどに答えていると言う面を考えていくと、最新機種のこちらを購入するのは非常にメリットがあるのかなと思います。

 

ダーマドライ(Dermadry)の良くない点、悪いところ。効果なし?

使用し始めて大して時間が経っていないのに、すでに効果を感じられているので、正直良くない点というのはほとんどなく、べた褒めなのですが(笑)強いていうなら、効果がある程度現れるまで、毎日1時間をこの治療に割かなくてはいけないということでしょうか。

 

手汗用20分、足汗用20分、脇汗用15分、ということで1時間程度治療に割く必要があります。もちろん病院に通って・・ということを考えたら全然こっちの方が楽ですけどね。私は動画をみたり、足汗用の治療をしている時にメイクをしたりと、治療の時間に他ごとをしながら時間を過ごしています。

 

あとは、イオントフォレーシス治療は、どうしても水を使うので、清潔に保つために毎回洗って、干して・・というのが少し面倒かなー。でもまぁこの効果を考えたら全然平気です。